暮らし

経年変化が素敵な長財布。Hender Scheme(エンダースキーマ)のロングウォレットをレビュー

こんにちは、ナオです。

Hender Scheme(エンダースキーマ)というブランドをご存知でしょうか?

http://henderscheme.com/

今回は、私が使っているお気に入りの財布を紹介していきたいと思います。

最近では、ミニマリストの考え方も浸透してきて、身の回りの持ち物も、

よりミニマムに、

よりスマートに、

なってきていて、コンパクトな財布を使っている方も多いですが、私の愛用しているエンダースキーマの財布は、その真逆をいく大きな長財布です。(笑)

それでは行ってみましょう!

Hender Scheme(エンダースキーマ)の長財布

エンダースキーマの財布は、数種類あって、最近人気のコンパクトでミニマムな財布等の取扱いもありますが、私は、ロングウォレットという一番大きい財布を使っています。

私は基本的に服を購入する時は、山形市にあるdimpleというお店にお世話になっていて(ホントに良いお店です)、この財布もそのdimpleで購入しました。

私が購入した時は、ブラック・ネイビー・ブラウンの3色展開でした。

その中で、私が選んだのはブラックのロングウォレットです。

経年変化を楽しむ財布

革は牛革で、たっぷりのロウを染み込ませており、使い込むほどに艶が増してきます
私が購入した、ブラックは、新品時はロウが浮き出て表面が白っぽくなっていますが、次第に摩擦や掌の温度によって表面に美しいツヤが出てきます。

経年変化を楽しみながら長く使える財布です。

私は3年ほどこの財布を使っていて、傷や表面の艶が増し、とてもカッコ良くなったと感じています。

購入時

3年経過

いかがでしょうか?

ナオ

艶が出て、とても良い味が出てきたと思います。

レビュー

それでは、ロングウォレットの各部を見ていきましょう。

表面には【Hender Scheme】のブランドロゴが刻印されています。

留め具はボタン1つでとてもシンプル。

開くと、このような感じ。

お札のスペースはマチがついていて、広々、取出しやすいです。

カードは8枚入ります。

使い始めは革が固く、カードの出し入れがしづらかったですが、使い込んでいくと革も柔らかくなり、3年程経った今では、出し入れもし易くなりました。

「ガバッ」っと開ける小銭入れは、とても広く、小銭を見渡すことができます。

どうですか?良いサイフでしょう?笑

まとめ

私はこの財布がとても気に入っていて、飽きるどころか、使えば使うほど艶が増し、育っていくので、愛着が沸き、手に取るたびに気持ちが上がります。

大きい財布ですし、重量はあるので、持ち運びに不便を感じる事も少しありますが、財布その物の存在がカッコよく気に入っているので、不便さを差し引いても余りあるほどの高揚感があります。

また、Hender Schemeではコンパクトでミニマルな財布も作っているので、好みに応じて選んでいただくと良いかと思います。

どちらにしても、普段持ち歩く物ですので、少しの拘りがあると生活が豊かになるような気がします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
nao
会社員(本業)でライスワークを。 ブログと珈琲焙煎(副業)でライフワークを。 珈琲が大好きで、自分で焙煎した珈琲豆をひっそりとネットショップで販売しています。