楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」をレビュー。パートナーエリア(山形)で使ってみたよ。

ガジェット

こんにちは、ナオです。

私は、メインのスマホとしてiPhoneをワイモバイルのSIMで利用しています。

 

さらに最近(2020.6)、楽天モバイルの1円キャンペーンで手に入れた楽天ミニで、「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を契約してサブ機として使い始めました。

 

「楽天アンリミット」は楽天モバイルが2020年から本格的に始めたサービスです。

 

この記事は、

✅楽天アンリミットが気になってる人
✅楽天回線エリアじゃないから楽天アンリミットの契約を迷ってる人
✅スマホ・ネット代を節約したい人

こんな方に読んでもらいたい内容になっています。

 

ちなみに私が住む山形県は、まだ楽天回線エリアが少なく、データ使い放題の恩恵をあまり受けることができません。

それでも楽天モバイルを契約した理由なんかもお話していければと思います。

 

それではいってみましょう。

 

スポンサーリンク

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)

楽天モバイルは、それまでMVNOと呼ばれる他社(楽天の場合はau回線)の回線を借りて通信サービスを提供する格安SIMの事業でしたが、

2020年4月から楽天独自の回線を使用した【Rakuten UN-LIMIT】という、本格的な携帯電話のキャリア(MNO)のサービスをスタートしました。

 

キャンペーンなんかも多くやっているので、目にした事がある方も多いんじゃないでしょうか?

 

楽天UN-LIMITのプラン

プラン料金

楽天モバイルのプランは、「Rakuten UN-LIMIT」1つだけ。


プランは1つで、
料金は【2,980円/月】です。

 

非常にシンプルなプラン構成で、さらに今なら300万名まで、1年間無料です。

 

楽天モバイル訴求の為、300万名まで1年間、月額料金(¥2,980)が無料という大胆なサービスを行っており、利用者が増えています。

 

契約期間の縛りも無いので、不要になって解約しても解約金はかかりません。

 

さらに、オンラインで契約すると、楽天ポイントが3000ポイントプレゼントされたり、契約後に事務手数料(¥3,300)が全額ポイント還元されますので、1年間はホントに無料で使えます。

 

楽天UN-LIMITを申し込む

※ いつでも解約可能、解約料も一切かかりません。

データ容量

楽天UN-LIMITは全て楽天独自の回線を使う訳ではありません。

楽天回線エリアがまだ狭いので、楽天回線とパートナー回線(au)の2つの回線を使ってデータ通信を行います。

楽天モバイルのデータ通信
 楽天回線エリア・・ 制限無しで使い放題 

 パートナーエリア・・5GB/月まで使用可能
  (超過後は最大1Mbpsで使い放題

 

このように、楽天独自の回線は無制限に使えて、パートナー回線は月5GBまで使う事が出来ます。

 

楽天モバイルの対応エリア

楽天回線エリアはまだまだ少ないです。

① 濃いピンクが 楽天回線エリア 
② 薄いピンクパートナーエリア

まだサービスが開始したばかりのサービスなので、楽天独自の回線のエリアは、東京や大阪等、一部の地域しか対応していないのが現状です。(2020年6月現在)

 

① 楽天回線エリア

もし、あなたがお住まいの地域が楽天回線エリアだった場合、高速通信が使い放題です。

制限を気にすることなく高速通信をすることが出来ます。

 

LINEもSNSも使い放題ですし、You TubeAmazon Prime、等の動画サービスも好きなだけ見ることが出来ますね。

 

ただ、楽天回線エリア内でも電波の繋がりにくい地下鉄や大型商業施設等では、au回線が使用されるようです。

 

② パートナー回線(au)エリア

楽天回線エリア外ではパートナーエリアのau回線を使用します。

✅データ容量は、5GB/月
✅超過後は、最大1Mbpsで使い放題

パートナーエリアでは、月の高速通信は5GBまでです。

5GBを超過した場合は、通信速度が低速(1Mbps)に制限されますが、1Mbpsのまま使い放題です。

 

ちなみに、データ残量の翌月への繰り越しはありません。

 

楽天モバイルアプリを使えば任意で切り替え可能

データ制限モードの切り替え

なお、楽天モバイルのアプリの「データ制限モード」の切り替えを行うことで、【高速通信⇔低速通信】の切り替えを任意で行うことが出来ます。

普段は「低速」にしておいて、必要な時だけ「高速」に切り替える。何てことも出来ますよ。

 

Rakuten UN-LIMITを申し込む

 

Rakuten Linkアプリを使えば通話・SMSも無料

楽天モバイルの「Rakuten Link」というアプリを使うことで通話やSMSも無料になります。

 

「Rakuten Link」では下記の機能が無料で使えます。

✅国内通話、国際通話
✅国内SMS、国際SMS
✅Rakuten Link同士のメッセージ、グループチャット
✅連絡先の登録・管理

 

しかも、データ容量を消費しないので、通信料を気にすることなく、通話やチャットを楽しめます。

 

注意!
今のところ、対応機種はandroid端末のみです。iPhoneでは利用出来ないので注意しましょう。

 

android端末で電話を良く使う方はそもそもお得に使えますし、家族や友人等のよく連絡を取り合う人が、楽天モバイル同士であれば、料金を気にすることなくコミュニケーションが取れてお得です。

 

 

海外でもデータ容量2GB/月・SMSが無料

Rakuten Linkを使えば海外(対象の66ヵ国)でもお得に使えます。

✅国内とは別に海外でも2GB/月使える
✅SMSも無料です。

 

980円/月のオプションで国際通話かけ放題もあります。

 

端末を安く購入できるキャンペーンが多い

楽天モバイルは、MNPで他社から乗り換えて使う事も出来ますし、新規で端末を購入する事も出来ます。

公式サイトでは頻繁に、ポイントバック等のキャンペーンを行っているので、タイミングが合えば激安で端末を購入する事が出来ます。

そういったキャンペーンに上手く乗れれば端末代の心配も少なく、楽天モバイルを使う事が出来ると思いますので、公式サイトを覗いてみてください。

 

\ キャンぺーンを見に行く /
楽天モバイル 製品 

 

私は、「Rakuten Mini」という楽天オリジナルの小型スマホをキャンペーンを使って1円で購入しました。

 

注意:楽天回線の対応機種はandroid端末

注意していただきたいのが、iPhoneユーザーの方に注意して欲しいのが、楽天回線に完全に対応している機種は現状、Android端末のみだという事。

iPhone(iOS)は動作保証対象外の機種が多く、対象機種でも一部の機能は使えなかったりします。

ネットなんかを見ていると、対象外のiPhoneも使えないわけでは無いようですが、楽天側が動作保証対象外と言っているので、iPhoneで使う場合は利用者自身の自己責任になります。

また、先ほどお話しした通り、「Rakuten Link」もApp Storeにはありませんので、無料通話やSMSを利用するためには、無料電話はLINEなどを使うことになります。

 

iPhoneで契約予定の方は、事前によく調べてくださいね。

機器の対応状況確認 

 

 

楽天SPUも上がる

楽天モバイルを契約する事で、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)が「+1倍」になるので、普段から楽天市場で買い物をする方や、楽天経済圏を目指す方は、よりお得にポイントを貯める事が出来ます。

これを機に、楽天カード楽天銀行を開設すれば、楽天経済圏の基盤が出来ますし、楽天モバイルの無料期間が終わってもポイントで携帯代を払う事も出来ます。

 

 

楽天カードマンで有名な楽天カード入会&利用で5000円(時期によっては7000円分とか)のポイントがプレゼントされますからね。

とってもお得なカードです。

 

\ 楽天カード(年会費無料)を作ってみる /
年会費永年無料の楽天カード

 

山形県は楽天回線エリアはまだまだ少ない。。。

楽天モバイルは元々気になっていました。

ただ、私が楽天モバイルを検討していた時期は、まだ山形県には楽天回線エリアがなかったので、使い放題が使えないならちょっとイマイチかなぁ。と思い、躊躇していて、もう少し普及して使い放題の通信エリアが拡大したら乗り換えを考えようかと思っていました。

が、

この記事の冒頭に書いたように、たまたま小型スマホのRakuten Miniが1円で買えるキャンペーンをやっていたタイミングで楽天モバイルを契約しました。

 

そして、少し前まで山形県には楽天回線エリアが全く無かったんですが、山形にもついに楽天回線が来たのです。

ナオ
ナオ

山形県の皆さん、知ってましたか?

 

どんどんエリアが広がってきています。

楽天モバイルの通信エリア

 

 

今のところ、山形では通信のほとんどがパートナー回線となるので、メインの回線としてはまだ、少し不安だったこともあり、サブ機として使っています。

 

パートナーエリア(山形)で使ってみた感想

無料で1年間高速通信が5GB使える

楽天回線エリアは、まだまだ狭いので、楽天モバイルを契約しても私のようにパートナー回線エリアで使う事になる人は多いと思います。

せっかくなら、楽天回線で高速通信を制限無しで使いたいところですが、パートナー回線(au)を使った高速通信もひと月に5GBまで使えます。

プラン料金を1年間無料で契約出来れば、5GBを無料で使えるので、それだけで得しますね。

 

普段の生活では、パートナーエリアでも、旅行や出張などで都心部の楽天回線エリアに行けば、高速通信が使い放題です。

 

 

人によるけど、低速(1Mbps)でもそこそこイケる

楽天モバイルの低速モードでSNSを見たり、Webブラウジング、動画視聴等をしてみました。

私自身、ネットを見る程度なら、低速でも問題無いと感じました。

You Tubeの動画視聴もスマホで360p程度の画質で見るならこれも問題なかったですし、LINEでのビデオ通話も止まることなく使えました。

ただ、低速のままでは高画質の動画視聴や重いゲーム等は難しいので、その辺は割り切って使うのが良いかと思います。

 

また、最大1Mbpsなので、時間帯等によっては遅くなる事もありますが、そこを我慢できれば、低速でも使用することが可能です。

少なくとも、私が現在、メインで使っているワイモバイルでデータを超過した時の低速モード(最大128kbps)とは比べ物にならないくらい快適です。
(2020年7月にプラン変更で1Mbpsに改善されるようです...)

 

 

テザリングでモバイルWifiルーター変わりに

この楽天モバイル機器なんですが、テザリングが可能なのでモバイルWifiルーター変わりとして使うのが美味しい使い方かな。と思っています。

スマホだけでなく、タブレットやノートPCを外出先で利用する際に、ちょっとしたモバイルWifiとしてつかるので便利です。

使う場所が楽天回線エリアのみなら高速通信が使い放題なので、1年間無料で使えるモバイルWifiルーターと考えれば、驚くほどコスパが高いと思います。

エリア等の条件が厳しいですが、楽天回線エリアでインターネットの使用頻度が少ない人なんかは、家のネットとしても使えば、通信費の節約になるかもしれませんね。

 

パートナーエリアがほとんどの地域では高速通信が5GBと心細いかもしれませんが、それでも5GBの高速通信と1Mbpsが1年間無料なら文句はありません。

 

私の場合は、テザリングを使って外出先でこのブログを書いたりすることも出来ますし、楽天モバイル機器のテザリング経由で、動画を見れば、メインのスマホのデータ容量を消費しなくて済みます。

 

 

 

まとめ:これで無料なら文句無し!

楽天モバイルが気になっていた人や、2台目のスマホや、モバイルルーターを探していた人又、私と同じように、楽天モバイルが気になっているけど、自宅や職場が楽天回線エリア外なので迷っている。という人も多いかと思います。

 

個人的には楽天回線エリア外の場合は、

メインは他社格安SIM

サブで「楽天アンリミット」

という運用がオススメかな。と思います。

 

サブだとしても

✅楽天回線エリアなら高速通信が使い放題
✅パートナー回線でも高速通信 5GB/月、低速(1Mbps)は使い放題
✅Rakuten Linkアプリで通話も無料。
✅テザリングも使える
✅楽天SPUが上がる

✅縛り無しなので解約もお金がかからない

これらが無料で使えます。

 

Rakuten UN-LIMITはまだエリアが狭いですが、今なら1年無料で使えて、契約期間の縛りもありませんし、解約金もかかりませんので、お試しで使ってみるのがオススメです。

1年経っても¥2,980/月なので、とりあえず1年間無料で使って、お住まいの地域が楽天回線エリアになれば使い続けても良いわけです。

 

ただ、iPhoneの方は、Rakuten Linkアプリが使えなかったり、動作が保証されていなかったりする場合があるので注意して下さいね。

 

Rakuten UN-LIMIT」の1年無料キャンペーンは300万人までなのでキャンペーンが終わる前に申込みましょうね。

 

\ 今ならプラン料金1年無料 / 

※ いつでも解約可能、解約料も一切かかりません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント