商店だった実家のスペースを焙煎スペースに改装するぞ (片付け編)

renovation
スポンサーリンク

ナオです。

2019年のゴールデンウィークから、実家の物置(元商店)スペースを私の焙煎工房にする計画がスタートしました。

 

物置を改装をするにあたって、まずは不要な物からどんどん処分していく事にしました。

スゴい量の荷物です。。。

ばりに積み上がってます。(-_-;)

 

 

とりあえず、一番大きなスペースを占領している車(180SX)を店の外に出してみます。

 

で、使っていない、テーブルを出して置いてみました。

うむ、

焙煎するスペースくらいにはなりそうな予感。(クッションフロアがボロボロですが...。)

 

 

そして周りを見渡してみると、気になるところがありました。

それは、商店時代に使っていた野菜の陳列棚や業務用の冷蔵庫など、一般家庭にはあまり無いような大型家具がスペースを占領している事。

うーむ、何とかしたい...。

 

もちろん今は陳列棚なんて使ってないですし、業務用の冷蔵庫も壊れて使っていません。

今後使える感じでもないので、処分することにしました。

 

壁面スペースにピッタリフィットして収まっているので、手前に出すことが出来ないので、分解してバラバラにすることにしました。

これが大変で大変で...(笑)

 

まず、昔野菜を置いていた陳列棚から

分解前の写真撮り忘れたんですが、とにかくビスを外してバラせるところまでひたすら緩めまくって、どうしても外れないところはサンダー(ディスクグラインダー)で切断しました。

 

 

で、こんな感じにして、

 

気合で引き抜きます!

オリャー!

あとは、後ろで固定してあるビスを外してバラバラにして処分しました。

スッキリした壁面には鏡とコンセントが出てきました。

 

次に冷蔵庫。

次の大物は冷蔵庫です。

陳列棚を処分した事で、冷蔵庫の後ろのスペースにアクセスできるようになったので、これも気合で「オリャー!」と、後ろから押し出します!

で、後日、業者に処分してもらいます。


 

大物2つが無くなったことでだいぶすっきりしました。

もうすでに棚置いちゃってますけど、、、。(笑)

一番奥の冷蔵庫は、処分せずに使いたいと思っています。

昔、お酒とかジュースとかを入れていた冷蔵庫なんですが、電源は入れなくても中の温度変化は少ないので、コーヒーの生豆や焙煎した珈琲の保管に適していると思うので、コレは活用したいと思っています。

 

 

次は壁に着手したいと思います。

 

こんな自己満日記ですが、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント