天童木工のダイニングテーブル(水之江忠臣)はアパートにもおすすめ

暮らし
スポンサーリンク

私が今使っている、ダイニングテーブルの紹介です。

以前、記事に書いたように、私はダイニングチェアとして、天童木工のダイニングチェア、通称【図書館椅子/ブックチェア】を使っています。

私はブックチェアだけではなく、ダイニングテーブルも水之江忠臣さんデザインのテーブルを使っています。

一年程、使った個人的な感想なんかも織り交ぜながら、レビューしていきたいと思います!



天童木工のダイニングテーブル(水之江忠臣)はアパートにもおすすめ

スポンサーリンク

ダイニングテーブル(食堂テーブル)

水之江忠臣の代表作であるブックチェアが発売された後に、ブックチェアに合わせて追加で制作されたダイニングテーブルで、「食堂テーブル」と呼ばれることもあるようです。

1960年代にはグッドデザイン賞を受賞しています。

特徴

脚が細くすっきりとした印象です。

これは、幕板という脚の上端をつなぎ甲板を支える部材が若干テーブル内側にオフセットしているので、立ち上がった時に、天板に幕板が隠れることによって、圧迫感がなく、すっきりとした印象を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ展開

このテーブルは3つのサイズ展開があります。

 T-0281NA-NT
W(幅)  : 800mm
D(奥行) :  800mm
H(高さ) :  700mm

T-0282NA-NT
W(幅)  : 1200mm
D(奥行) :  800mm
H(高さ) : 700mm

T-2720NA-NT
W(幅)  : 1500mm
D(奥行) :  800mm
H(高さ) : 700mm

サイズは、好みや用途や使う場所等で変わるかと思います。お好きなのをどうぞ。
ちなみに、あくまでも目安ですが、1人が食事するのに必要なスペースは食器やグラスを並べて食事すると、1人あたり幅60cm奥行き40cm必要になるそうです。

 

私個人的な感覚では、
1人~2人暮らしや省スペースのお部屋、ダイニング以外のちょっとした用途には、一番コンパクトな幅800mmのテーブル。

 

3~4人(ちょっと狭いかも)の家族や、1人~2人でもお気に入りの食器を広げて食卓を囲みたい方なんかは、幅1200mmのテーブル。

 

4人以上の家族、戸建てや広いリビング、人を家に招く事が多い方なんかは、一番大きい幅1500mmのテーブル。

 

なんとなくこんな感じでしょうか。

 

 

そんな私は、幅1200mmのテーブルを使っています。

 

大きすぎないし、圧迫感が無いので、2人暮らし、又、置ける環境なら、アパート暮らし等にはちょうど良いサイズだと思います。

(私はホントは一番大きいテーブルが欲しかったのですが、スペースの関係で真ん中のサイズにしました...。汗)

 

良い点

 

図書館椅子/ブックチェアと

あたりまえですがブックチェアとの相性が抜群です。
男性なら持ち上げられるくらいの重量なので、移動や模様替えはサイズの割には容易かと思います。

 

気になる点

幕板があるので、足を組むと特に男性は太ももが幕板に当たるかもしれません。椅子に座って足を組む癖がある方は、気になるかもしれません。姿勢良く座りましょう。(笑)

まとめ

発表から50年近く経っても愛される、すばらしいモダンデザインだと思います。

また、コンパクトな設計で昔ながらのダイニングやアパートなどの限られた空間には取り入れやすいテーブルだと思います。普段の生活にそんな長く愛せる、素敵なテーブルを取り入れてみませんか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント