「E09」エラー!石油ファンヒーターが突然止まる原因は「ほこり」だった!

暮らし

こんにちは、ナオです。

今年は雪が少ないですが、寒い日が続きます。

雪国では、使っている方も多い、石油ファンヒーターですが、自宅で使っているファンヒーターの調子がすこぶる悪くなってしまいました。

今回はそんなファンヒーターのトラブルシュートをやってみました。というお話です。

この記事の内容

✅「E09」エラーの原因
✅ ファンヒーターを分解掃除

ナオ
ナオ

レッツ、トラブルシューティング!

石油ファンヒーターが頻繁に止まってしまって、エラーコード「E09」が表示されて困っている方の参考になれば幸いです。

くれぐれも、作業は自己責任でお願いします。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

ファンヒーターが頻繁に止まる

最近、石油ファンヒーターを使っていると、ファンヒーターが突然止まってしまう事が多くなりました。

今回の症状は、

「再度、ファンヒーターのスイッチを入れて、点火しても、また、すぐに止まってしまう。」

こんな状態でした。

今回調子が悪くなってしまったファンヒーターは、ダイニチ製で6畳程度の小さい部屋で使っている物です。


このファンヒーターは、かれこれ10年弱使っている事もあり、このまま買い替えても良いのですが、せっかくなので、分解して中を見てみる事にしました!

何が原因なのか?

あまりに古いタイプのファンヒーターでなければ、本体の液晶部に不具合の原因をエラーコードを表示して不具合を知らせてくれるものがほとんどです。

点検のポイント

エラーコードを確認する事で、なぜ止まってしまったのか、大まかな原因が分かります。

今回のエラーコードは「E09」

E09エラー

今回のエラーコードは「E09」
さらに、液晶には「ほこり」とも表示されています。

ダイニチのホームページによると...

E09が表示される原因は以下の通り。
過熱防止装置が動作した。燃焼、温風空気取入口やファンフィルター、温風吹出し口が物でふさがれたり、埃がたまったため、自動消火した。

ダイニチHPより

ナオ
ナオ

なにやら、風通しが悪いみたい。

本体裏の空気の取り込み口が塞がれていたり、ほこりが溜まったりすると、安全の為に自動消火してくれるようです。

また、ホームページには対処法の記載もありました。

対処方法
家庭用石油ファンヒーターの場合

  • 燃焼・温風空気取入口、ファンフィルター、温風吹出口が物でふさがれている場合、取り除いてください
  • 空気取入口・ファンフィルターにほこりがたまっている場合、掃除してください
    空気取入口・ファンフィルターのほこりを取る

以上の処置を行なったうえで、「運転入/切」スイッチを押し直してください。

ダイニチHPより

本体裏の空気の吸入口は、ファンが「ほこり」や「異物」を吸い込まないように、アミアミの形状になっていたり、取り外して掃除できるファンフィルターが付いていたりしますが、今回、不具合を訴えた私のファンヒーターには、取り外せるフィルターは付いておらず、空気の吸入口のアミアミ部分には沢山の「ほこり」が詰まっていました。

ナオ
ナオ

「この時、初めて、ファンフィルター付きのファンヒーターの良さを実感しましたね。」

この「ほこり」を掃除すれば良いんだな?と思い、外側から空気の吸入口のほこりを掃除機で吸ってみました。

そして、再度、ファンヒーターを点火してみます。

結果は、ダメ

またすぐに止まってしまい、改善されませんでした。

 

これは、内部に原因があると思い、恐る恐る、分解してみることにしました...。

 

分解します。

さて、勇気を出して分解してみましょう!

1.コンセントを抜きます。(安全の為、コンセントは必ず抜きましょう。)
2.本体、背面にある、アミアミのフィルター部の取付けビス(4箇所)をプラスドライバーで外します。

3.アミアミとファンが一緒に外れてきますので、モーター(ファン)のコネクター(配線の接続)を外します。

ナオ
ナオ

ん?...。?

 

 

ナオ
ナオ

ぬぅぁ~~~!なんじゃこりゃぁ~!

 

   

これは、もはや「ほこり」なのか⁈というくらい大量のほこりが蓄積されております。
ファンの羽だけにとどまらず、内壁や周辺の配線等にも付着しまくりな状態でした。

  

原因は「ほこり」

今回の原因は、空気の取入口だけではなく、内部にもほこりがビッシリと溜まってしまい、燃焼する為に必要な空気の流れが悪くなったからですね。

掃除します。

このほこりまみれの内部を見てしまったら、このままにしておくのは精神衛生上良くありません。

とにかくバラせるところまでバラして可能な限り、ほこりを除去したいと思います。

プラスドライバー1本あれば簡単に分解出来ます。

ヒーター周辺にもほこりが結構付着しています。

こんな状態で使っていたことにビックリしましたね。私自身、ここを通った温風を吸い込んでいたのか、と、、、

また、このほこりが、もし燃えてしまったら...。と考えると、ゾッっとします...(汗)

操作パネルも外していきます。

至る所が、ほこりだらけ

あまりのほこりの量にメンタルも若干やられながらも、掃除機で大まかな「ほこり」を吸い取り、さらに、雑巾で拭き取り、キレイにします。

ナオ
ナオ

とっても綺麗になりました。

分解した逆の手順で組付けしていきます。

あとは、無事点火するか...。
ドキドキです。

神様に祈りを捧げながらスイッチを押します。

いざ、点火

ナオ
ナオ

おーーーーっ!

快調に燃焼しています。  

なんだか元気になりました♪

心なしか、温風もクリーンに感じます。(笑)

対策

今回の件を受けて、ファンヒーターはホコリが大敵!ということが身に染みて分かったので、ファンフィルターが付いていないタイプの石油ファンヒーターには、このような後付けのフィルターが効果的かと思います !

ただ、もうすでに内部にほこりが溜まってしまったファンヒーターに関しては、このフィルターを取り付けても、もちろん根本的な改善にはなりませんので、予防の為の対策としてお考えください。

値段の安い物を選びがちな石油ファンヒーターですが、

また、もしこれから石油ファンヒーターの購入や代替えを検討されている方は、背面のフィルターが外して洗えるタイプの物を選んでいただくと、長く使えると思いますよ♪

ナオ
ナオ

コロナの石油ファンヒーターなら給油の時に手も「よごれま栓!」

まとめ

今回のE09エラーは「ほこり」が原因で、分解・清掃をしたところ、ファンヒーターの不調は無事改善されました。

私は車の整備経験があるので、分解する事に関しては特に抵抗なく作業しましたが、この記事をご覧になった方の中には、機械イジリが得意でない方もいらっしゃると思います。

場合によっては、分解して壊してしまう事もあるかもしれませんし、最近のファンヒーターは性能も良くて安いですし、何年も長い間使ったファンヒーターであれば、無理せず買い替えを検討するのも良いと思います。

新しい石油ストーブを購入する場合は、「背面のフィルターが取り外して洗える構造か?」ということを気にして見るのも良いかもしれません。

とにかく、ファンヒーターの大敵は「ほこり」だ!というお話でした。

E09のエラーが出た全てのケースに当てはまるかはわかりませんが、私の経験が誰かの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント