ハスラー(スズキ)におすすめのバッテリーはコレ!交換手順から初期設定まで。

スポンサーリンク

山形に限らず、地方での生活には「車」は欠かせないと思います。

車があればどこにでも「びゅーん!」と行けます。

とても便利な車ですが、車検・自動車税・ガソリン代、東北なら冬タイヤと、なにかと維持費もかかります。

 

そして、この寒い冬に突然やってくる、

「バッテリー上がり」

突然車のエンジンがかからなくなったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回、バッテリー上がりになった訳ではないのですが、私の愛車、ハスラーちゃんのバッテリーが弱っていたので、自分でバッテリー交換をしました。

 

ポイントをおさえれば、思ったより簡単ですし、車屋さんに頼むよりとても安く済みます。

 

ただ、注意する点もありますので、併せて紹介していきますね。

 

スズキ車はもちろん、国産車には共通することも多いかと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

ちなみに、万が一のバッテリー上がりのために、こういったジャンプスターター等があるととても便利ですね。

今は、USB端子が付いている物もあるので、スマホ等も充電できて一つ持っていると、とても便利ですし安心です。


 

 

 

 

 

はい、薄々気付いてました、バッテリーが弱ってきていた事を、、、。

 

見積り金額は、工賃含めてだいたい、¥16000。

 

バッテリーって地味に痛い出費です。

 

私は、一応ですね、元整備士(ヤブ)なんです。(笑)

ネットでバッテリーを手配して、自分で交換する事にしました!

 

オススメのバッテリーはどれ?

私が新しいバッテリーとして選んだのは、ハスラーに限らず乗用車全般にオススメ出来る、

パナソニック(caos)カオスというシリーズのバッテリーです。

車好きのSNSである【みんカラ】でも評判が良く、サイト内の【パーツオブザイヤー2018バッテリー部門】で殿堂入りを果たす等、多くの人が装着し、高い評価をしています。

パナソニック カーバッテリー N-M65R/A3 (R端子) m65r カオス アイドリングストップ車用{M65R-A3[500]}

もちろん、車屋さんやカー用品店、ホームセンターなどでもいろんな種類のバッテリーが売っていますが、サイズが同じでも、性能や、保証期間、製造国等によって値段もピンキリです。

 

そういった、性能・価格など、総合的に見ても、ブルーバッテリ―と呼ばれるこのパナソニックのカオスを選んでいただくと間違いないと思います。

適合するバッテリーの調べ方

バッテリーの上部にはバッテリ―の型式が表示されています。

見ずらいので、

 

はい!

やっぱり、見づらいですね、、、スミマセン。

K-42R」です。

 

さらに、パナソニックの適合商品は、パナソニックカーバッテリー適合表というページで簡単に調べることが出来ます。

 

車検証を見て、

・型式
・年式(初年度登録)
・エンジン型式

                          等を確認します。

私のハスラーちゃんは、「DBA-MR31S」「アイドリングストップ装着車」です。

どうやら、「M-65R」というバッテリーが適合のようですね。

 

パナソニックカーバッテリー適合表で、ハスラーの適合となるバッテリーとして表示される、
「M-65R」 も  「44B19R」 も新車時バッテリーよりも容量が大きいバッテリーとなっています。(65とか44とかの数字が新車時バッテリーの数字より大きいですよね)

 

S-エネチャージやアイドリングストップ等の、搭載されているシステムによって、使用するバッテリーが変わります。ご注意下さい。

 

アイドリングストップ車等に44B19R等の通常バッテリーを取り付けてしまうと、バッテリーの早期劣化やアイドリングストップが作動しなくなるなどの不具合が発生します。

必ず車両に合ったバッテリーを使いましょう。

 

さらに、

バッテリー形式の最後の「R」は端子の位置です。

「L」「R」表記があります。

バッテリーのプラス端子側から見て、端子が左側に並んでるのが「L」右側に並んでるのが「R」

これを間違うと取付できません。ハスラーは「R」です。

 

バッテリーサイズ等について詳しく知りたい方は
こちらの記事をどうぞ。

 

S-エネチャージ又は、アイドリングストップ装着車の適合バッテリーは、

 

M-65R (アイドリングストップ車専用バッテリー)

S-エネチャージ又は、アイドリングストップ非装着車の適合バッテリーは、

 

44B19L (通常バッテリー)

 

 

もっと容量UPしたい場合は、

「60B19R」(通常バッテリー)

 

基本的にサイズ・容量等が大きくなれば値段も高くなります。

 

私のハスラーはアイドリングストップ装着車なので、迷わず

「M-65R」を選びました。

 

値段の比較

ネットで私が購入した価格は、約8500円

車屋さんの見積りでは、15000円

どちらも部品代だけの価格です。

その差は...。

 

Panasonicのカオスに交換すれば、純正より性能も高く、容量もUPして、さらに安い!と、言う事無しな結果に!

交換する前に

バッテリーを外すとオーディオ・ナビ(ラジオ・イコライザー・その他)などの各電装品の設定がリセットされます。

エンジンスターター等の後付け電装品などを装着している場合は、そちらの初期設定方法も確認しておくと良いと思います。

 

交換に必要な工具

交換に使用した工具たち
・ スパナ(10mm)
・ ラチェットハンドル
・ ディープソケット(8mm)

 

簡単な整備をされる方は、こういったハンドツールのセットが一つあれば便利だと思います。

 

 

交換方法 (使用工具)

 

交換手順

① バッテリーのマイナス端子を外す。(スパナ)


② バッテリーのプラス端子(赤いカバーが付いてる方)を外す。(スパナ)

③ バッテリーステーを取りはずす。(ラチェットハンドル・ディープソケット(8mm)

 

 

外れました♪

新旧比較です。端子の位置も同じですね♪

 

④ バッテリーを新品に交換する。


⑤ バッテリーステーを取り付ける。(ラチェットハンドル・ディープソケット(10mm)

⑥ バッテリーのプラス端子を取り付ける。(スパナ)
⑦ バッテリーのマイナス端子を取り付ける。(スパナ)

安全な作業の為に、これを守って下さい。
バッテリーを外す時は、マイナス側から
バッテリーを取り付ける時は、プラス側から

 

また、作業中、万が一バッテリーのプラス端子とマイナス端子に同時に工具が触れてしまうとショートしてバッテリーにバチバチ!っと火花が飛んだり、思わぬ事故になる場合があるので、十分に注意して下さい。

 

交換後の作業

一般的な作業(オーディオ・電装品)

車両の時計、オーディオやナビなどの設定(ラジオ・音質設定・その他)がリセット(消えている)されていますので、交換前にメモしておいた設定に戻していきます。

 

また、エンジンスターターなどを取り付けている方は、そちらもリセットされています。

初期設定をしないと、エンジンスターターが使えません。
バッテリー交換後はエンジンスターターなどの設定も行いましょう。

 

 

大事な設定

バッテリー交換後は、パワーウィンドウの初期設定が必要になる他、近年の車は、搭載されているコンピューターが、これまでの走行のデータから車の状態を自動的に学習してその車に合わせた、最適な制御を行っています。

 

バッテリーを外すと、車のコンピューターがリセットされてしまいますので、バッテリー交換後は車によって、学習作業を行う必要があります。

 

ハスラーの場合
ハスラーのバッテリーを脱着した際に必要になる作業は、、、

・  パワーウィンドウ初期設定 (運転席のみ)
・  電子スロットルバルブ学習

・  ブレーキストロークセンサ校正(Sエネチャージ車のみ)

この2つ又は3つです。

 

 

それでは、そんな、各初期設定方法について説明していきます。

 

パワーウィンドウ初期設定 (運転席のみ)

バッテリー交換後にパワーウィンドウのAUTOが効かないときには、この作業が必要になります。

 

① イグニッションをONにします。
② 運転席のドアドガラスを全開にします。
③ パワーウインドメインSW の運転席SW 位置をオートUPで保持(上に引きっぱなし)して、ドアガラスを閉じ切り、約2 秒間、保持する。
④AUTO作動するか確認します。

 

電子スロットルバルブ学習

① イグニッションON(エンジンはかけない)の状態を5秒以上保持します。

~エンジンがかかっていない状態で、メーターが点灯しているのがイグニッションON状態です。~

 

 ブレーキストロークセンサ校正(Sエネチャージ車のみ)

コンピューターにブレーキぺダルの0点位置を記憶させる為の作業です。

①イグニッションON(ブレーキペダル踏まない状態)を5秒以上保持する。

電子スロットルバルブ学習と同じ作業ですね。

 

バッテリー交換後には学習作業を行いましょう。

 

 

不安な方は

自分でバッテリー交換をするのが苦手な方は、無理して自分で交換する必要はありません。下手に交換して、逆に車を壊してしまうと元も子もありませんので、、、。

車屋さんが部品持ち込みでも対応してくれる場合は、バッテリーだけネットで買って、交換はプロにお任せするのも方法のひとつです。

古いバッテリーの処分もしてくれるでしょうし。

 

まとめ

バッテリーを3~4年交換していない方は、突然バッテリーが上がる前にバッテリーの点検・交換を検討されてはいかがでしょうか?

また、自分でバッテリー交換をして節約しようと思っている方は、バッテリーの選び方や交換方法等、気を付けていただければと思います。

性能の高いバッテリーに交換しながら、安く購入出来るので、是非ネットショッピングを利用してお得にバッテリーを交換しましょう。

 





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hometown-ymgtをフォローする
スポンサーリンク
hometown-ymgt

コメント