スタッドレスタイヤの寿命はどれくらい?交換の目安から購入まで

スポンサーリンク

山形の冬は厳しく、降雪量も多く、路面も凍結する為、スタッドレスタイヤの装着が欠かせません。
また、安全の為にはそのスタッドレスタイヤ選びも重要になってきます。

今回は、スタッドレスの寿命の判断基準や保管方法、タイヤのお得な購入方法等についてお話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

寿命を見極める2つのポイント

スタッドレスタイヤの寿命を見極める2つのポイント。

それは

【溝の深さ】【使用年数】です
その2つのポイントについて解説していきたいと思います。

溝の深さ

まず一つ目の「溝の深さ」です。

雪の上を走行する際、タイヤの溝が無いと路面を掴むことが出来ずにタイヤが空回りしてしまいますよね。

 

ただ、雪道での走行において、溝の深さが重要なのはそれだけではないんです。

それは、凍結路で滑る主な原因は、「氷の上だから滑る」というよりは「タイヤと路面の間に水の膜が張ってグリップを失ってしまう」事にあります。

昔、ヨコハマタイヤのCMで織田裕二さんが

乾いた氷は滑らない

と言っていましたが、冷凍庫から出したばかりの氷が手にくっ付いたり滑らないのと同じです。
しばらくすると氷が解けてツルツルと滑ります。

タイヤと路面の氷の間でも同じような事が起こっています。

-25℃のような極端に寒い日は意外と滑りにくかったりしますね。

 

スタッドレスタイヤは、接地面の細かい溝の中に路面の水分を吸い上げる、また排水することで、タイヤが氷に密着し、その性能を発揮します。

その為、スタッドレスタイヤの性能を発揮するには、十分な溝の深さが必要です

 

そんな溝の深さの目安として、スタッドレスタイヤには【プラットフォーム】という目印が存在します。

プラットフォーム

プラットフォームはタイヤ側面に矢印がある先の接地面の溝にあります。
このプラットフォームが顔を出し始めたらスタッドレスとしては十分に性能を発揮出来なくなりますので、交換のサインです。

プラットフォームが出てきたら、溝の深さが新品時の約50%になったという目安らしいです。

タイヤによって新品時の溝の深さはすこし違いますが、新品で10mmのタイヤなら、5mmまで減ったということになります。

スタッドレスタイヤは夏タイヤよりも柔らかく作られていますので、冬期間でも乾燥路面を多く走る場合は減りが早くなります。

 

参考
タイヤの溝としては、夏・冬タイヤ共に、1.6mm以上あれば車検に合格します。
スリップサインという目印が1.6mmのサインです。
このスリップサインが出てきたらタイヤとして使えませんので交換しましょう。

使用年数

もう一つの目安が、タイヤの「使用年数」です。

タイヤはゴムで出来ています。時間が経つとドンドン固くなっていきます。

スタッドレスタイヤの性能を維持する上で、タイヤのゴムの柔らかさはとても重要で、路面に密着する柔軟性が保たれなければスリップしやすくなってしまいます。

 

一般的にスタッドレスタイヤの使用期間は、製造から3~4年と言われています。

 

タイヤの製造年月の確認方法

タイヤの側面(サイドウォール)には製造年月の表記がありますので、こちらを見ると確認することが出来ます。

 

製造年月の確認

アルファベットの後の4桁の数字を確認します。

前の2ケタ  = 製造
後ろの2ケタ = 製造
ですので、このタイヤの場合、
JCN3016 = 2016年30週目

ということになります。

 

このようにタイヤの製造年月を確認して、製造から3年経っているタイヤであれば、溝が残っていてもスタッドレスタイヤとしての性能を100%発揮出来ないおそれがありますので、そろそろ交換を検討する時期かもしれません。

 

スタッドレスタイヤの交換時期は気付きにくい

スタッドレスタイヤは基本的に冬期間のみ車に装着しています。
いざ使おうと思ったタイミングで交換が必要な事に気づくことが多いです。
冬前に一度タイヤの状態を確認しておくと良いでしょう。

保管方法

タイヤの主材料はゴムを使用していますので、車に装着せずに保管しているだけでも年数が経つにつれて劣化していきます。

ましてや、スタッドレスタイヤは数カ月しか使わないので、1年の中では保管している期間の方が長いです。

この保管方法によってもタイヤ劣化の進行具合は変わります。

以下のようなことに気を付けて保管しましょう。

紫外線・高温を避ける

紫外線(太陽光)を浴びるとゴムが化学反応を起こして表面にヒビ割れなどが発生する原因となります。

また、高温の場所での保管はゴムが乾燥し、弾力性を失いやすくなり、さらにタイヤの劣化を早める原因となるため、屋外などでの保管はタイヤにとって過酷な状況です。

屋内での保管が望ましいですが、どうしても難しい場合は、タイヤカバー等を使うのも一つの方法かもしれません。

 

水分・油分を避ける

タイヤはゴムで出来ていますので、水分にさらされている状況でも劣化(ヒビ割れ)しやすいです。

さらに、ゴムと油も吸収して変質の原因になります。

実は一部のタイヤワックス(石油系)もあまり良くありません。

冬シーズンが終わったら、スタッドレスタイヤを水洗いして乾燥させる程度で大丈夫です。

空気圧は低めに

保管中は空気圧を規定圧力よりも低くして(抜いて)おくとタイヤにかかる圧力が低くなり、タイヤにとっては優しい保管方法です。

そして、次の冬シーズンでスタッドレスタイヤを使う前には必ず空気圧を調整しましょう。

 

また、最近では車屋さんでもタイヤの保管サービスを行っている整備工場もありますので、そういったサービスも検討してみてはいかがでしょうか?

新しい冬タイヤを自分で用意する場合

ネット等でタイヤを購入すれば、車屋さんで購入するよりかなりお得になる場合もありますから、新しいスタッドレスタイヤを自分で用意(購入)する方も多いと思います。

ナオ
ナオ

スタッドレスタイヤは値段が高いですからね~。

 

その場合は、今履いているスタッドレスタイヤのサイズを必ず確認してください。

タイヤの側面(サイドウォール)にタイヤサイズの記載があります。

 

タイヤサイズの確認

175/65R15
175 = 接地面の幅が175mm
・65  = 扁平率 (数値が少ないほど厚みが薄いタイヤになります)
・R15  = 15インチ

 

夏タイヤは純正サイズでも、冬タイヤはインチダウン等をしている(サイズが純正と違う)方も多いので、必ずタイヤの表記をみて確認しましょう。

 

どこで購入するか

たくさんのネットショップの中から購入する際、どこで購入したら良いのか迷う方もいるかもしれません。

以下、おすすめのネットサービスです。

大手通販サイト

なんと言っても外せないのが、楽天市場、Amazon、yahooショッピングといった大手通販サイトです。

タイヤは安くさらに豊富に揃っていますし、ポイントが付けばさらにお得にタイヤを購入することが出来ます。



TIREHOOD(タイヤフッド)


TIREHOOD公式HPより

タイヤをネット通販で購入するときは、 購入したあと取付作業をする店舗に電話で日時を確認するのが 一般的ですが、TIREHOODなら、購入手続きと同時に 取付作業をする店舗予約もオンライン上で行えます。

「ネット通販ならではの価格」と「ご自宅近くでの取付作業」と いうネットとリアルの良いとこ取りのサービスです。

現在、キャンペーン中
タイヤ購入&近くのガソリンスタンドで取付できる新サービス【TIREHOOD】

TIREHOOD(タイヤフッド) タイヤ販売&取付予約サイト
TIREHOOD(タイヤフッド)は国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。サマータイヤ スタッドレス ホイールセットの通販・購入から、全国加盟店舗でのタイヤ交換/取付予約までネットで完結。取付料金は全国一律 明朗会計です。

 

AUTOWAY(オートウェイ)

オートウェイ世界各国から集めた様々なタイヤ・ホイールを低価格にて通信販売を行っているので、とにかく国産に拘らず安いタイヤを探したい!って方におすすめです!

日本全国ほとんどの地域に最短1~2日の短期納品が可能です。 送料についても、タイヤ1本1,080円(税込)という明瞭で低価格な設定となっており安心です。(沖縄県を除く)


ナオ
ナオ

海外のタイヤってこんなに安いのあるのか!とビックリするかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

安全な雪道でのドライブには、スタッドレスタイヤの「溝の深さ」と「使用年数」がとても重要です。保管方法などにも気を使って上手にスタッドレスタイヤと付き合っていきたいですね。

昔より便利なネットサービスも増えてきましたので、予算に合わせて検討していただくのが良いと思います。

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント