コーヒー飲むなら、シンプルでおしゃれな柳宗理のカップソーサーがおすすめ

coffee
スポンサーリンク

こんにちは、ナオです。

珈琲を飲むときに皆さんはどんなカップで飲んでいますか?
珈琲好きな方はこだわりが強い方も多いのではないでしょうか?

今回は、以前よりずっと欲しいと思っていた、柳宗理デザインのカップソーサーを購入したので紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

どんな器で珈琲を飲むか

 

ブラックコーヒーの場合、私はやっぱりコーヒーカップ(カップ&ソーサー)で飲みます。
まず、絶対、コーヒーカップで飲むコーヒーが一番美味しいです。
カップに口を付けた時の口当たりが良いですし、好きな音楽をかけながらコーヒーを飲んでいる時に、音楽の合間に「カチャン」とカップをソーサーに置く音がするのが好きなんです。

ナオ
ナオ

分かってくれる人はいるはず!(笑)

 

もちろんパソコンとか何か作業をしながら飲む場合はマグカップを使ったり、カフェラテ等の場合はたっぷりマグカップに入れた方が気分もほっこりして美味しいです。

大げさかもしれませんが、ブラックを飲む場合、コーヒーカップとマグカップでは味が違う気がします。

そんなわけで、コーヒーに向き合いたい時は、私はカップ&ソーサーを使います。

 

SORI YANAGI デザインのカップ&ソーサ―

今回、私が購入したカップ&ソーサーは柳宗理さんデザインのボーンチャイナと呼ばれるコーヒーカップセット(カップ&ソーサー)です。

ボーンチャイナとは

ボーンチャイナとは、磁器の一つでその名のとおり、Bone(骨)を意味し、牛の骨を焼いた骨灰が含まれています。その昔(18世紀頃らしい)のイギリスで流行だった中国や日本の白磁を目指して磁器を作る際、白磁で多用された原料の土がイギリスでは入手出来ず、その代用品として乳白色に焼きあがる骨灰を陶土に混ぜて使用していたそうです。
そして、中国発祥の磁器という意味を含んで【Bone China】と呼ぶようになったとか。

 

デザイン(柳宗理)

柳宗理さんは、日本のプロダクトデザイナーです。
個人的には、とても好きなデザイナーの一人で、家具でもキッチン道具でもシンプルな中に機能性があって、多くの方のスタンダードとして長く愛されています。

代表作として、我らが山形県、天童木工の「バタフライスツール」がありますし、以前紹介した「ステンレスケトル 」もその内の一つです。

柳宗理のステンレスケトル(やかん)が使い勝手良くておすすめ。
見た目は普通の会社員、でも、誰よりも仕事をこなし、何でも知っていて、自分がいないと会社が回らない、そんな「実は凄いヤツ」に、私はなりたいです。(妄想) 今回紹介する「やかん」は一見、普通の見た目だけど、「実は凄いヤツ」。 ...

どこで買える?

私は、本家本元、東京四谷の柳ショップで購入して自宅に送ってもらいました。
柳宗理さんの娘さんがいらっしゃるお店ですね。

 

 

柳ショップ
〒160-0003
東京都新宿区四谷本塩町4−6
電話:03-3359-9721

ナオ
ナオ

実店舗でやっぱり実物を見ながら検討できるのは良いですね♪

 

また、在庫があれば、楽天やヤフーなどのネットショップでも購入が可能です。

 

レビュー

なんだか、カッコいい箱に入ってきました。

 

今回は4つ購入しました。

シンプルでとっても素敵なデザインです。

私はもちろん普段使いでガンガン使いますが、来客用としても良いかもしれませんね。

ちなみに、こちらのカップ&ソーサーは上島珈琲店さんでも使われていますので、現物を見てみたい方は上島珈琲店さんへGoです!

上島珈琲店 - UESHIMA(ウエシマ)COFFEE HOUSE
美味しいカフェをお探しなら、上島珈琲店へご来店ください。美味しさにこだわりぬいたネルドリップコーヒーで、厳選された季節のデザートやお食事メニューをゆっくりお楽しみいただけます。近くのカフェをお探しなら、ぜひ上島珈琲店へ!

 

電子レンジでの使用は出来ますが、温める程度での使用が推奨されているそうです。オーブンレンジ、直火での使用は出来ません。

 

柳宗理のカップ&ソーサーにはサイズが2種類あります。

通常サイズ

 

アメリカンサイズ

 

ナオ
ナオ

私はそれぞれ2つずつ購入しました。

 

 

 

コーヒーを入れてみます。

 

真っ白な無地のカップにコーヒーが良い感じです。

 

天童木工のテーブルとの相性も良い雰囲気ですね。

天童木工のダイニングテーブル(水之江忠臣)はアパートにもおすすめ
私が今使っている、ダイニングテーブルの紹介です。 以前、記事に書いたように、私はダイニングチェアとして、天童木工のダイニングチェア、通称【図書館椅子/ブックチェア】を使っています。 ブックチェアの記事はこちら 天童木工...

 

ナオ
ナオ

simple is best ! です。

ちなみに、どちらのサイズもソーサーは共通です。

 

また、薄い作りになっているので、軽いですし、カップに口をつける時も口当たりが良いです。

「スッっと飲める感じ」(わかりにくい)

 

やっぱりカップソーサーでのコーヒー時間はとっても気分が良いです。
買って良かった!

まとめ

個人的には、マグカップで飲むより、コーヒーカップで飲んだ方が美味しいと思っています。
それは、気持ちの影響も大きいと思うのですが、どんなカップでコーヒーを飲むかによって、コーヒーの味も変わると思っていますし、コーヒー時間そのものがとても良い時間になると思います。

もちろん、「パソコン作業をしながら」、とか、「何か作業をしながら」、といったシチュエーションでは、マグカップの方が使い勝手が良かったりすると思うので、マグカップもとても良い器だと思います。

どちらにしてもお気に入りの器で美味しいコーヒーを味わいたいですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント