アイスコーヒーは見た目が大事!KINTOのダブルウォールコーヒーカップの魅力

coffee
スポンサーリンク

こんにちは、ナオです。

 

ナオ
ナオ

コーヒー好きの皆さん、美味しいアイスコーヒー飲んでますか?
コーヒー好きじゃない皆さん、美味しいビール飲んでますか?

 

今回は、コーヒー好きの方も、そうじゃない方にもおすすめ出来る、【KINTO のダブルウォールグラス】の紹介をしていきたいと思います。

 

今回の記事では、アイスコーヒーを飲む事を主な目的としてお話していきたいと思いますので、予めご了承くださいませ。(笑)

 

それではいってみましょう♪

 

スポンサーリンク

まえがき:美味しいアイスコーヒーを飲む為には

個人的な主観ですが、美味しいアイスコーヒーを飲む為にはいくつか要素があると思っています。

 

 美味しいコーヒー豆 ⇒とても大事です。
 美味しい抽出方法 ⇒これもある程度大事ですね。
 美味しそうな見た目 ⇒あれ? めちゃめちゃ大事じゃない?

 

アイスコーヒーの見た目って大事じゃないですか?

 

ナオ
ナオ

芸能人は「歯が命」的な。

 

 

ホットコーヒーをどんなコーヒーカップで飲むか?も大事ですが、

アイスコーヒーはそれに負けないくらい見た目が大事だと思っています。

 

 

 

 

何が言いたいかというと、

缶ビールをそのまま飲むより、グラスに注いで飲んだほうが美味しく感じるよね!ってこと!

 

視覚効果というか、中身が見えて【ビール】を飲むという意識がある事で味の感じ方も違う気がします。

ガラスの口当たりとかも大事ですが、やっぱり見た目の美味しさも大事です。

ナオ
ナオ

飲む前から美味い!みたいな(笑)

 

 

アイスコーヒーも同じように考えています。

アイスコーヒーをマグカップで飲んだらなんだか味気無いんですよね...。

 

 

氷の入ったグラスで、アイスコーヒー特有の清涼感を感じながら飲めば、きっと美味しく感じるはず♪

そんな感覚から、アイスコーヒーはグラスで飲みたいと思っています。

 

ナオ
ナオ

さて、本題に入りますね。

 

 

KINTO(キントー) ダブルウォールシリーズについて

出典:KINTOホームページ

 

KINTOのダブルウォールシリーズにはいくつか種類がありますが、私が普段使っているのはこちらの「KRONOS」という商品のコーヒーカップです。

 

KINTOのダブルウォールシリーズは、耐熱ガラスの二重構造で注いだものが宙に浮かんだように見えるのが特徴です。

見た目の良さだけではなく、二重構造の為、保温・保冷効果も通常のグラスより高く、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままを長くキープ出来ます。

 

また、電子レンジ・食洗器にも対応しているので、実用性も高くて非常に便利です。

 

質感は手に馴染みやすいというかツルンとしていて、ある程度厚みもある為、簡単に割れてしまうような印象はありませんし、その割には軽いので使いやすいです。

 

そこまで神経質に扱う必要はないと思いますが、注意事項はあります。

以下、公式HP

・耐熱温度差 120℃
・直火、オーブンでご使用いただけません。
・電子レンジで加熱しすぎたり、空焚きにならないようご注意ください。
・二重構造のため手で触れる部分が熱くなくても中の飲み物が熱い場合がございますのでやけどには十分にご注意ください。
・ガラスの急冷は破損の原因となりますので熱いうちに濡れた布で触れたり濡れた場所に置かないでください。
・氷を勢いよく入れると内側のガラスが割れる可能性がございますのでご注意ください。
・洗浄の際はクレンザーやたわしを使用しないでください。
・商品底部にオリジナルのロゴマークが入っています。
・ヒビ、カケ、傷のついた製品は思わぬ時に破損し、ケガをするおそれがございますので使用しないでください。

出典:KINTOホームページ

 

 

ネット等の口コミでは、

氷やスプーンを直接入れたら内側のガラスが割れた

とか

食洗器で割れちゃったわ...

 

このような口コミを見かけました。

あたりまえですがガラス製品なので雑に使えるわけではありません。

 

 

私は冷たい飲み物を飲む時によく使うので、氷を入れる時は注意していますが、勢い良く投げ入れるような使い方をしなければ大丈夫です。

ナオ
ナオ

私は3年くらいほぼ毎日使ってますが、まだ一つも割ったことがありません。

 

 

 

KINTO(キントー)ダブルウォールコーヒーカップのおすすめポイント3つ

私が普段使っている【KINTO ダブルウォールコーヒーカップ クロノス】は、

アイスコーヒーを飲む以外にも、食事の時に水を入れて飲んだり、時にはビールを入れて飲んだりと普段の生活の中でオールマイティーに活躍してくれています。

つい手に取ってしまうくらい使いやすいので毎日使ってます。

そんな【ダブルウォールコーヒーカップ】の良いところを3つに絞って紹介していきます。

 

見た目が良い

まず、一つ目は、何と言っても見た目の良さです。

丸みを帯びたフォルムに、特徴的な土星の輪を思わせるリングが持ちやすい、シンプルでいながら特徴的な外観をしています。

 

そして、飲み物を注ぐと、注いだものが宙に浮かんでいるように見えるので、おしゃれな浮遊感を楽しめるグラスです。

 

 

アイスコーヒーだけでなく、ビールやカクテル、ジュース等、何でも合うと思います。

ナオ
ナオ

めちゃめちゃ美味しそうじゃないですか?(笑)

 

個人的には、氷を入れた冷たい飲み物や、中身を見せたいおしゃれなカクテルなどを入れて飲みたくなるような見た目です。

 

ホットでもアイスでもOK

2つめですが、このダブルウォールシリーズは名前の通り、耐熱ガラスが二重構造になっているので、熱湯を注いでも、グラスの外側は熱くなりませんし、冷たいものを入れても結露せず、水滴がつきにくいです。

 

結露でコースターがビチャビチャになった経験は誰しもが経験したことがあるはず!

ナオ
ナオ

紙のコースターとかだと、グラスを持ち上げたときに貼り付いてくるとか...。(笑)

そんなストレスからも解消されますね。

 

さらに、私は氷を入れてアイスコーヒーを飲みたいタイプなのですが、二重構造のおかげで氷が溶けにくく、氷が解けることによる味の変化(薄くなる)がゆっくり、穏やかです。

 

ちなみに、もちろん【保温力・保冷力】はステンレスとかチタンのタンブラーには敵いませんので、絶対的な保冷力を優先する方はステンレスタンブラー等をご検討いただいた方が幸せになれるかと思います。

 

日常的に使いやすい質感

3つ目は質感です。

KINTOのダブルウォールコーヒーカップは厚みがありしっかりとした質感なうえに軽いので、とても使いやすく、飲み口も程よく厚みがあって、優しい口当たりです。

 

ガラス製品の中にはとっても薄く作られた、「うすはり」のような素敵なグラスもありますが、そういったガラスは割ってしまいそうで怖いので、とっておきの時に使いたいですが、KINTOは程よい厚みのおかげで割る心配をあまりしなくて良いのが、普段使いにピッタリだな。という印象です。

 

ガラス製品なのについつい手に取ってしまう使いやすさがあります。

 

その他:種類が多い

個人的に好みなのが私が持っている「KRONOS」のコーヒーカップ以外にも、KINTOのダブルウォールシリーズは種類も豊富でコーヒーだけでなく、スープやアルコールにぴったりな商品がたくさんあります。いくつか揃えれば幅広いシーンで活躍してくれると思いますよ。

 

スープカップ

 

お酒好きな方にはKINTOの「CAST」という商品がおすすめです。

カクテルに

 

ビールにぴったり

 

ナオ
ナオ

色んな種類を集めたくなります♪

まとめ

ホットもアイスも大丈夫で、使いやすい質感でさらに保冷力もあるのに見た目が良いという、使いやすさとデザイン性をバランス良く兼ね備えているKINTOのダブルウォールシリーズは、特別な時というより、普段の食事やパソコン作業、読書等、日常のどんな場面でも傍に置きたいグラスです。

心地良いグラスで最高のドリンクタイムを過ごしたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

今回紹介したコーヒーカップはこちら

⇩⇩⇩

 

スポンサーリンク
coffee
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hometown-ymgt

コメント