暮らし

BASEでオリジナルTシャツを作ってみた感想。質感やサイズ感はどうなの?

こんにちは、ナオです。

以前、無料で自分のネットショップが作れるサービスとして、「BASE」と「STORES」の紹介をしました。

私は、コーヒー豆のネット販売用に、2つのサービスを検討していた時に、とりあえずBASEとSTORESの両方を登録しました。

その結果、コーヒー豆は「STORES」で販売する事にしたのですが、BASEの「気になる機能」があったので、ちょっと試してみました。

その、「気になる機能」というのが「オリジナルTシャツ」の作成です。

BASEでは簡単にオリジナルTシャツを作成して、自分のネットショップで販売する事が出来ます。

せっかく登録したので、「BASE」を使ってオリジナルTシャツを作ってみました。

作り方や作ってみた感想についてお話していければと思います。

それではいってみましょう。

\BASE公式サイト/

BASEなら簡単にオリジナルTシャツの販売が出来る

BASEではオリジナルTシャツを作って販売する事が出来ます。

「オリジナルTシャツ」なんて聞くと、なんだか興味が湧いてくる人もいるのではないでしょうか?

BASEはネットショップを作るサービスですので、自分のTシャツを作るというより、販売するTシャツを作るサービスです。

BASEを使えば簡単に、オリジナルTシャツを作って、さらに販売する事が出来ます。

BASEのオリジナルTシャツのサービスは「ClubT」という会社と提携したサービスです。

https://clubt.jp/

Tシャツの制作から発送まではClubTさんが行ってくれます。

  • BASE】 は商品棚
  • 【ClubT】 は製造工場

こんなイメージでしょうか?

難しい事は無く、ネット上に商品(オリジナルTシャツ)を作って、売れたらあとは【ClubT】さんにおまかせです。

後ほど、Tシャツのレビューをしていきますが、まずはBASEでのオリジナルTシャツの作り方について説明していきます。

オリジナルTシャツの作り方

さて、それでは、実際にTシャツをつくってみましょう。

(1)Tシャツにプリントするデータを作成します。

まず、どんなTシャツにするか、デザインを考えましょう。

イラストでも良いですし、テキストでも良いです。写真でも良いかもしれません。

自分のオリジナルTシャツにプリントするデザインを作ります。

パソコンを使ってillustratorやPhotoshopを使って本格的なデザインを作成したり、スマホやタブレット等でサクッとお絵描き感覚で作成するのも良いでしょう。

今回はブログこのおじさんをプリントしてみることにします。

jamおじさん

ちなみに、このイラストはInkscapeという無料のパソコンソフトを使って20分くらいで作りました。

 

(2)BASE Appsでアプリをインストール

 

BASEに登録しただけではオリジナルTシャツ制作のアプリがインストールされていませんので、BASE Appsからアプリをインストールします。

 

(3)画像を取り込む

自分で作ったイラストデータをアップロードします。

ちなみにアップロードする画像データについてTシャツ作成ページに注意書きがありますので、確認してください。

画像はjpgまたはpngがご利用いただけます。
縦または横が最低でも1000px以上ある画像をご用意ください。またファイル容量は8MB以下にしてください。

出展:BASE サイトより

 

(4)Tシャツの選択をする

画像をアップロードしたら、Tシャツの色を選びます。

色の種類は42色です。

好きな色を選んでくださいね。

(5)レイアウトを決める

次に、画像のレイアウトを決めていきます。
画像の大きさ、位置を好みのレイアウトに調整していきます。

 

(6)商品説明を記載して登録します。

デザインの特徴や世界観等、魅力的な商品説明を記入しましょう。

その他にもTシャツの販売価格や、在庫数などを設定します。

サイズはS・M・L・XLの4つです。

これで、商品の登録が完了です。

商品が売れたら

お客様から注文が入ったら管理画面からClubTに発注を行います。

Tシャツの製作から発送まではClubTさんがおこなってくれますが、Tシャツの発注は自分でしましょう。

発注の際には、クレジットカード決済が必要となりますので、カードの登録をしておきましょう。

注文詳細ページのからTシャツの発注画面に移り、クレジットカード決済にてTシャツを発注することができます。
発注をされる際には、VISA、マスターカード、JCB、AMEXのクレジットカードを持っている必要がございます。
お持ちでない方は発注ができませんので、ご注意ください。

出展:BASEサポートページより

実際に作ってみたので、完成品をレビュー

実際にBASEでオリジナルTシャツを作ってみました。

私の場合、注文してから2週間程で届きました。

身長176cmの私がLサイズを着るとこんな感じです。

Lサイズを着ています。

【176cm、普通体系、肩幅広め】の私が着るとこんな感じです。

モデルが悪くてスイマセン。。。

サイズの印象

私は、音楽が好きで好きなアーティストのライブやコンサートによく行くのですが、そのライブ会場で販売している、グッズのTシャツに似たサイズ感です。

それもそのはず、タグを見てみると、このTシャツ、よくライブTで見かける「printstar」でした。

最近流行りのドロップショルダー(肩が落ちているデザイン)ではありません。

着丈がやや長めで、袖丈は普通って感じですかね。

生地感

生地感はペラペラでは無く、ある程度しっかりした厚みがあります。

BASEのサポートページにはこのような説明がありました。

Q. Tシャツの素材を教えて下さい。

Tシャツのボディは5.6ozで素材は綿100%となっています。
アッシュは綿95% ポリエステル5%となっており、印刷は「インクジェットダイレクトプリント」と呼ばれる形式になります。
アイロンなどを使用した熱転写プリントと異なり生地へ「染色」するため通気性もよく、生地によくなじんだ風合いになります。

出展:BASEサポートページ

ちなみに生地の丈夫さに定評があるユニクロユーのクルーネックTシャツの厚みは6.0ozほどだそうです。

BASEのTシャツの厚みは5.6oz(オンス)ということで、そこそこ厚みがありますので、すぐヨレヨレになることは無いと思います。

プリント

「インクジェットダイレクトプリント」と呼ばれる方法でプリントされています。

アイロンを使った熱転写プリントではないので、生地によくなじんだ風合いです。

\ 登録無料 /

ネットでお店を作るなら【BASE】

BASEのオリジナルTシャツの良さ

画像データがあれば、簡単に作れる

BASEのアプリ内でTシャツが作れるので、イラストや写真等の画像データがあれば、素人でも簡単にオリジナルTシャツを作れます。

もし「自分でイラストとか無理!」って人でも、ネットを使って誰かに素敵なデザインを作ってもらうのもアリかと。

有名なところで言うとココナラとかですね。

在庫を持たずに自分の商品を販売出来る。

例えば、これからネットショップを始めたいと思っている、でも、実績が無い。

そんな人が、【在庫を持つ】というのはリスクが大きいです。

BASEでのオリジナルTシャツ販売なら、在庫を持つ必要がありません。

 

BASEというお店(ネットショップ)にあなたの商品(オリジナルTシャツ)を飾って、お客さんが買ってくれたら、製造工場(ClubT)に発注してTシャツを作って、さらに発送までしてくれる。

つまり、あなたは在庫を持つ必要がありません。

これってスゴい事です。

\無在庫でTシャツを販売/

ネットでお店を作るなら【BASE】

BASEのオリジナルTシャツで気になった事

プリント出来る範囲が決まっている

オリジナルTシャツのプリント範囲は正面のみとなりますので、背面へのプリントは出来ません。

また、袖部分へのプリントも出来ません。

サンプル品は作れない

サンプル品のような物を作る事が出来ないので、完成品を購入するまで現品での確認が出来ません。

制作過程でサンプルを作る事もないですし、間に入る人がいないので、「このままだとココがおかしくなりますよ。」とか言ってくれる人がいないので、出来上がってみないと細かいチェックは出来ません。

【プリント位置がもう少し上が良かった】とか、【もう少し大きくプリントした方が良かった】というのが出来てみないと分からないのが、イマイチかなぁと思いました。

正式な販売の前に、事前に自分で購入したり、友人に購入してもらったりと、現品の確認をしておくのをオススメします。

商品確認の為、クレジットカードで自己購入する場合は、下記を注意してください。

発注の為にBASEに登録しているクレジットカードと同じカードで支払わないでください。クレジットカードの不正利用と判断されることがあります。

詳しくは下記リンクを確認してください。

https://help.thebase.in/hc/ja/articles/115000158962

原価が高い

オリジナルTシャツの発注原価は、ホワイトは2,052円それ以外のカラーは2,160円(送料込み)です。

1枚から注文可能なのでしょうがないところもありますが、もう少し安いと嬉しいなぁ、と思います。

価格設定をしっかりしないと利益が出なくなるので注意ですね。

まとめ:無在庫で販売できるってすごい

BASEではオリジナルTシャツを簡単に作れて、無在庫で販売する事が出来ます。


本来、オリジナルTシャツを売ろうと思ったら、コストがかかったり、小ロットで注文が出来ないと多くの在庫を抱える事になります。

BASEなら商品が売れたら発注さえすれば、あとはclubTが発送までしてくれるので非常に便利です。

「在庫が無い」という事は、売れなくても赤字にならないという事なので、オリジナルのグッズを作ってみたいけど、コストを掛けたくないという方にとってはとてもハードルが低く始められる便利なサービスだと思います。

気軽にオリジナルTシャツを作れる良いサービスです。

Tシャツの生地感やサイズ感も悪くないですし、あなたの素敵なデザインなら欲しい人はたくさんいるかもしれません。

自分だけのオリジナルTシャツを販売してみませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

\ BASEの無料登録はこちらから /

ネットでお店を作るなら【BASE】

ABOUT ME
nao
会社員(本業)でライスワークを。 ブログと珈琲焙煎(副業)でライフワークを。 珈琲が大好きで、自分で焙煎した珈琲豆をひっそりとネットショップで販売しています。