コーヒーの販売

コーヒー豆をインターネットで販売したい!初めてのネットショップの初め方。

珈琲のネットショップってどうやって始めたら良いんだろう?

何を準備したら良いのかな?

趣味やライフワークとしてコーヒーの焙煎をしている方の中には、ネットショップで販売したいと思っている方も多いです。

でも、何から準備したら良いか迷っていませんか?

この記事では、

コーヒー豆をネットショップで販売するまでの手順

についてお話ししていきます。

この記事を書いている私は、会社員の傍ら、週末に焙煎した珈琲豆をネットショップで販売しています。

実際にネットショップを始めてみて思うのが、「とにかく始めてみる」というのが大事だということ。

これから珈琲豆のネット販売を始めたいと思っている方の参考になれば幸いです。

自分で焙煎した珈琲が誰かの元に届いて、その方の生活を豊かにできたらどれだけ嬉しいでしょうか?

考えただけでワクワクしませんか?

それではいってみましょう。

コーヒー豆をネットショップで販売するまでの手順

自分で焙煎したコーヒー豆をネットショップで販売するまでの7ステップは以下の通り。

ネット販売までの7ステップ
  1. 美味しいコーヒーを焙煎する
  2. 店名・コンセプトを決める
  3. 商品にする
  4. 保健所に営業の届出をする
  5. 発送方法を決める
  6. ネットショップを開設する
  7. 宣伝する

全て同時進行で進めて構わないと思いますが、①から一つずつお話ししていきますね。

珈琲豆を美味しく焙煎する

まずは珈琲豆が無いと始まりません。

珈琲豆を美味しく焙煎しましょう。

まだ商品に出来る珈琲豆が無いよぉ。

これから始めたいと思ってる。

という方は、まずは焙煎を始めてみましょう。

 

焙煎の仕方はいろいろな方法があります。

  • 鍋で焙煎
  • 手編みで焙煎
  • 手回しで焙煎
  • 小型の焙煎機で焙煎

等々

どれが一番良いとかは無いので、まずやってみましょう。

まずは自分で生豆を選んで、自分で焙煎してみる。自分で体験してみるのが重要です。

そして、自分が美味しいと思うコーヒーが焙煎出来たら、販売前に、家族や友人等に飲んでもらいましょう。

誰かに飲んでもらう喜びを感じれるはずです。

 

ちなみに私は、サンプルロースターで焙煎を始めました。

ユニオン サンプルロースターで珈琲豆の焙煎を始めます。(購入編)珈琲を好きになって、これまで、いろんなお店に行き、いろんな珈琲を飲んできました。 そして、いろんな珈琲を飲めば飲むほど、世の中には美味...

店名・コンセプトを決める

コーヒー豆を販売するとなれば、

  • 店名
  • コンセプト

を考えておくと良いと思います。

ネットショップとはいえ、お店を作るのですから、お店の名前は必要です。

また、お店の「コンセプト」や「想い」も重要だと思っています。

今の時代、プロ・アマ問わず、コーヒー豆を販売している人はたくさんいます。

そして、どれも美味しいです。

 

そんな中でも、あなたがコーヒーを焙煎して販売する意味があるはずです。

どんなコンセプトで、どんな思いでやっているのか。ということを考えるのはとても重要だと思います。

  • どんな珈琲を、どんな人に飲んでもらいたいのか?
  • どんな気持ちになって欲しいのか?
  • 気軽に飲める珈琲を提供したいのか?
  • 特別な珈琲を提供したいのか?

等々

そんなことを考えていたら、おのずと店名が決まる場合もあるかもしれません。

 

商品にする。

さてここからは商品化です。

人によってかなり変わるところだと思いますが、

  • 商品デザイン
  • コーヒー袋

この辺は最低でも考えていくことになるでしょう。

商品デザイン

商品のデザインをしましょう。

どんなパッケージで商品を売るのか?

センスが試されるところですね。(笑)

  • コーヒーの袋にラベルを貼るのか
  • ラベルに直接印字するのか(お金はかかる)
  • 手書きするのか

もしロゴやデザインをパッケージに載せたい場合、いろいろと考えなければいけません。

イラストレーターなどを使って自分でデザイン出来る方なら問題ないですが、

そういった知識や技術がない方は、無料で使える「Canva」あたりを使うと簡単にオリジナルデザインの画像を作る事が出来ます。

ココナラ」などのサービスを通じて素敵なロゴやイラストを作ってもらうのも良いですね。

無料登録はこちら

ココナラのクリエイターに依頼する

 

コーヒーを入れる袋を決めます。

どんな袋に入れたら自分のイメージに近い商品になるでしょうか?

「コーヒーの袋」と言っても、意外とその種類は多く、さまざまなバリエーションがあります。

インターネットで調べるとコーヒー用の袋が見つかります。

その中でも、焙煎豆から発生するガスを逃す構造の袋を選べば、袋詰め後に袋がパンパンに膨れる事がないのでオススメです。

ニコノス」というサイトならコーヒー用の袋が探しやすいと思います。

コーヒー袋・パッケージデザインのニコノス

また、コーヒーを入れる袋によって次のどんなシーラーが必要かが決まります。

袋によってはシーラーも必要です。

コーヒー袋を封するシーラーは、安いものから高い業務用までピンキリです。

安いシーラーでは厚みのある袋をちゃんとシール出来なかったりするので、商品の袋によって使うシーラーを選ぶ必要があります。

私の使っている「富士インパルスのT-230k」は最強です。

シーラーをご検討している方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆用のガゼット袋に最適なシーラーはどれ?富士インパルス T-230K  こんにちは、週末にサンプルロースターでコーヒー豆の焙煎をしているナオです。 サンプルロースターを購入して約半年ほど経った訳ですが...

 

保健所に営業の届出をする

これが最大のネックです。

コーヒー豆の販売をする場合、保健所に営業の届け出をする必要があります。

令和3年5月31日までは、許可はいらなかったんですが、令和3年6月以降、コーヒー豆の販売も保健所に届け出をして許可を得なければいけなくなってしまいました。

このハードルはどうしても越えなければなりません。

管轄の保健所に問い合わせてみましょう。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

焙煎したコーヒー豆を個人で販売するのに許可は必要?商品の表示は? 私は、コーヒー豆の焙煎をしていて、今は、家族や友人に配ったりしている訳ですが、ゆくゆくはネット販売をしてみたいと思っています。...

2021年6月現在、私自身もこれから届出をしようと思っているところです。今は、経過措置の期間を利用して販売をしています。

発送方法を決める

コーヒー豆の発送

ネットショップでコーヒーが売れたら買ってくれた方にあなたの商品を送らなければいけません。

さまざまな発送方法がありますが、送料を抑えたいなら、

このあたりがおすすめです。

ちなみに私はクリックポストを使って「最大400g」までのコーヒー豆を「全国一律198円」で発送しています。

また、ネットで探せばそれぞれのサービスに対応した発送用の封筒や箱も買えるので安心です。

こういったのサイトで探すと便利かな。と思います。

\梱包資材専門店/

ぷちぷちや

 

ネットショップを開設する

ネットショップを開設

ようやくネットショップの開設ですね。汗

ネットショップにはたくさんの種類がありますが、最初は無料で簡単に始められるBASESTORESあたりを利用するのがおすすめです。

これらのサービスなら、無料で簡単に自分のネットショップが作れる上に、お金のやり取りなど、面倒な事を考えなくても良いので、初めてでも安心です。

これまでに考えた、

  • 店名
  • 商品の説明
  • 商品の写真
  • 発送方法・送料

などをネットショップに記入・設定していきます。

少しずつ自分のショップが出来ていく感覚はとても楽しいです。

実店舗を作るのはとても大変でお金がかかりますが、ネットショップなら無料でスマホで簡単に自分のネットショップを立ち上げることが可能です。

ナオ

良い時代ですね。

\登録無料/

ネットでお店を開くなら【BASE】

\登録無料/

驚くほど簡単にネットショップが作れる!【STORES】

ネットショップの開設自体はとても簡単です。

こちらの記事を参考にしてください。

BASEとSTORES。2つを比較。初心者がネットショップ作るならどっちがおすすめ? こんにちは、ナオです。 今回は、個人向けネットショップのお話。 私は週末に手回しの小さな焙煎機で珈琲豆を焼いていますが、将...

 

宣伝する

ネットショップを作ったからと言って、すぐに商品が売れるわけではありません。

たくさんの方に飲んでもらうためには、あなたのコーヒーを世の中に広める宣伝活動が必要です。

まずは身近な家族や友人に自分の商品を渡してみましょう。

コーヒー好きな人なら、何かフィードバックをくれる人もいるかもしれません。

また、TwitterやInstagramのようなSNSでネットショップをアピールするのも良いと思います。

すぐにお客様が増えるのは難しいと思いますが、少しずつあなたのコーヒーのファンを増やしていきましょう。

実際にネットショップを始めてみると、SNSやネットでの集客も大事ですが、「知り合いの紹介」に勝る宣伝は無いのかもしれないと感じています。

 

始めれば問題も出てきます。改善していきましょう。

実際にネットショップを始めてみると、いろんな問題や想定外の事が起きると思います。

私の場合は、「平日に注文をいただいた分を週末に焙煎して発送する。」という方法で販売を始めました。

ですが、

実際には平日ではなく、土曜日や日曜日に注文いただく事が多かった事です。

これによって、

  • 注文分をどこで締めるのか?
  • 焙煎・発送のタイミングはどうするか?

こんなことを考えるきっかけになりました。

よくよく考えてみれば、自分がネットで買い物をする時も、平日の忙しい時ではなく、休日の心にゆとりがある時に注文することが多いのに気付きました。

これは、始めたからこそ気付けたことです。

 

その他にも、送料の設定を間違ったり、同じ生豆が仕入れられなくなったり、と様々な問題がおきましたが、始めたからこそ、経験できた失敗です。

私自身のネットショップも、そこまで売れているわけではないので、偉そうな事は言えませんが、(笑)

一つずつ、誠実に対応していけば良いネットショップに成長していくと思います。

まとめ

ネットショップでコーヒー豆を販売するステップについてお話ししてきました。

「珈琲を販売してみたい」と思っても、実際に販売となると何をしたら良いか分からない方は多いです。

でも、今回紹介した7ステップを一つずつクリアしていけば大丈夫です。

ネットショップで販売する7ステップ
  1. 美味しいコーヒーを焙煎する
  2. 店名・コンセプトを決める
  3. 商品にする
  4. 保健所に営業の届出をする
  5. 発送方法を決める
  6. ネットショップを開設する
  7. 宣伝する

営業許可の届け出だけがネックですね。

ネットショップの開設もBASESTORESを使えば、誰でも簡単に無料でネットショップを作れますし、始めるのに何のリスクもありません。

正直、初めてからの方が考えることや勉強することが出てくると思います。

一つずつステップアップしての素敵なネットショップを運営していきましょう。

あなたの焙煎したコーヒーは、誰かにとって必要なコーヒーになれるはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\BASEで始める/

無料ショップ開設なら【BASE】

\STORESで始める/

驚くほど簡単にネットショップが作れる!【STORES】

BASEとSTORES。2つを比較。初心者がネットショップ作るならどっちがおすすめ? こんにちは、ナオです。 今回は、個人向けネットショップのお話。 私は週末に手回しの小さな焙煎機で珈琲豆を焼いていますが、将...
ユニオン サンプルロースターで珈琲豆の焙煎を始めます。(購入編)珈琲を好きになって、これまで、いろんなお店に行き、いろんな珈琲を飲んできました。 そして、いろんな珈琲を飲めば飲むほど、世の中には美味...

ABOUT ME
nao
会社員(本業)でライスワークを。 ブログと珈琲焙煎でライフワークを。 珈琲が大好きで、自分で焙煎した珈琲豆をひっそりとネットショップで販売しています。