やっぱり、家庭用の電動ミルはナイスカットミル(カリタ)がコスパも高くて使いやすい。

coffee
スポンサーリンク

個人的に、自宅でコーヒーを飲む時に、あるととってもコーヒーライフが楽しくなるのが電動のコーヒーミルです。

最近ではコーヒー好きな方は、自分で珈琲を淹れる方も多いかと思います。

 

最初は、手動のミルで「ガリガリ」と豆を挽いていた方も、段々と電動ミルが欲しくなってきますよね?

 

私は、最初は知人の手動ミルを借りて豆を挽いていました。

そして、最初に買ったミルが、今でも使っている、カリタのナイスカットミルです。

そんなとても気に入っている電動ミルについて紹介していきたいと思います。

 

カリタの電動ミルの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

手動のミルも検討されている方はこちらの記事もどうぞ。

 

やっぱり、家庭用の電動ミルはナイスカットミル(カリタ)がコスパも高くて使いやすい。

スポンサーリンク

本体について

カリタのナイスカットミルと言えば、コーヒー好きも勧める方が多い【名機】です。
何と言ってもクラシカルな見た目が特徴です。時代が変わっても愛される普遍的なデザインがとても良いですよね。

業務用の電動ミル(カット式)をそのまま一般家庭向けにサイズダウンしているので、挽き具合やメンテナンス性などの性能に関しても、同じ価格の製品の中でもワンランク上かなと。

 

挽き調整ダイヤル

ダイヤルを回すことで、挽き具合を調整できます。

 

ホッパー

ここからコーヒー豆を投入します。

 

本体の色

ブラック・シルバー・ブラウンの3種類です。
私はブラックを選びました。

 

受け容器

挽いた珈琲の粉を受ける容器も付属しています。

しかし、これは、本体の色によって変わります。

ブラックとブラウンは、このようなプラスチックの容器。

シルバーのモデルだけ、ステンレスのカップが付属してきます。

 

私は、ブラックなので、プラスチックの容器が付いてきたんですが、正直、使いにくいし、洗いにくいので使ってません。

 

私は代用として、純正の受け缶ではないですが、D&DEPARTMENTで購入したステンレスのカップを購入して使っています。

 

 

ちなみに、シルバーのナイスカットミルに付属してある、カリタ純正のステンレスのカップは単品で購入可能です。

 

 

使い方

オーロラコーヒーさんの豆を挽いてみます。

 

好みの挽き具合にダイヤルをセットして

 

ホッパーにコーヒー豆を入れます

 

本体背面のスイッチをON

 

挽けました

 

もうすでに、電動コーヒーミル(カット式)を使っている人は、分かってくれるんじゃないかと思いますが、ホッパーにコーヒー豆を「シャッ」っと入れて、「ガーーーッ」豆を挽く音が、憧れのコーヒー屋さんになったようで、テンション上がります。たまりません。 

(擬音語ばかりでスミマセン、でも分かってくれるはず)

挽き具合

このダイヤルを回すことで、挽き具合(1~8)の調整を行います。

もっとも細かいのが【1】

もっとも粗いのが 【8】です。

【1~8】といっても、1 と 2の間、つまり1.5とかも大丈夫です。

 

つまり、15段階から挽き具合を選べます。

私は、割と粗目に挽くことが多いですね。

挽き目は均等に挽けていると思います。

次はもう少し細かく挽こうかな?とか思った時に、ダイヤルを回すだけで、気軽に挽き具合を変えれるので、とても使いやすいです。

お手入れ

日常的なメンテナンスは、飛び散ったコーヒー粉や、静電気によって排出口に付いた粉を掃うくらいで良いと思います。

 

そんな時に、こういったハケなんかがあると便利だと思います。

 

これは、ちょっと難しいですが、
たまに、刃を外して内部のカスを取ってもらうと良いと思います。

値段

私が使っている【ナイスカットミル】は、販売が終了された旧モデルです。

今ではモデルチェンジを行い、性能もUPし、名前も【ナイスカットG】と変わりました。

ネット等には、もしかすると旧モデルの在庫分のみが比較的安くなって販売されているかもしれません。

私がナイスカットミルを買ったときは、ネットで¥15,000くらいだったと思います。

ナイスカットミル(旧型)とナイスカットG(新型)の違い

新型のナイスカットGは、旧型のナイスカットミルをベースにアップグレードされたモデルです。

見た目は先代とあまり変わっていないように見えますが、地味にグレードアップしています。

主な変更点は以下の通りです。

粉砕速度

「ナイスカットミル」 130g/分    
ナイスカットG」   100g/分

豆を挽く速度が遅くなりました。
性能Dawnかと思いがちですが、むしろ逆、Upです。

豆を挽く速度を落とすことで摩擦熱を抑制するとともに、粒度の均一性も向上させたそうです。

また、排出口の静電気対策もされているそうで、排出口に粉が付きにくくなってるようです。

ホッパーの容量

「ナイスカットミル」 200g
「ナイスカットG」    50g

豆を投入するホッパーの容量が少なくなりました。

これは、使い方によって良い悪いが、変わるかと思いますが、

まず良い点としては、自宅で飲む分だけ、その都度コーヒー豆を挽いた方が美味しく飲めるという事ですかね。家庭で使うには十分でしょう。

逆に、100gとか一気に挽きたいような、より業務的な使い方には向いていないのかなと。
別に悪いというほどではありません。

受け缶の変更

ナイスカットGでは、すべての色のモデルでステンレスの受け缶になりました。
ぜったいこっちの方が良い!

 

本体のデザイン変更(エンブレム等・ダイヤル目盛り)

今までは本体横に「Nice cut mil」のステッカーが貼ってありましたが、ナイスカットGでは、カリタのロゴマークがあしらわれています。

また、挽き具合調整用のダイヤルのイラストがよりシンプルになりました。

その他

カリタにはさらに、【ナイスカットミルネクストG】という見た目もスタイリッシュな上位機種が存在します。

文句なしの性能ですが、ナイスカットGより値段は高いです。

私は、ナイスカットGで十分だと思います。(ボソッ)

まとめ

電動のコーヒーミルをお探しの方で、カリタのナイスカットシリーズを検討される方は多いと思います。
今は、いろんなデザイン、又は機能のミルが販売されており、上を見上げればキリがないですが、カリタのナイスカットシリーズはデザイン性・性能、コストのバランスが良く、長く使っていけるミルだと思います。
電動ミルがあるだけで、自宅のコーヒー時間がとても楽しいものになると思いますよ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント